島暮らし、子連れ移住のすゝめ
江田島

江田島市子育て支援センター主催のペアトレ講座で学んだ「内容」をシェアします。

おはようございます、こんにちは、こんばんは。江田島のお母さんライターすなおたまき(@office_sunao)です。

先日書いたこの記事。

江田島で子育て支援センター主催のペアトレ講座を受講してみました。おはようございます。こんにちは。こんばんは。すなおたまき(@office_sunao)です。 みなさん今の調子はいかがですか? 佳い...

ペアトレ講座を受けた時の記事ですが、これに結構反響をいただきました。

いただいた声のひとつは、

実際にどんなことを学んだのか?具体的な内容をシェアしてほしい!

というものでした。

また私個人的にも、

すなおたまき
すなおたまき
かつて空手の指導員をしていた頃にこれを学んでいたら、もっと子どもたちを強くしてあげられただろうな…。

と惜しい気持ちにもなりました。

ペアトレについて学び、正しい知識を得ていたら、かつて教えていた子どもたちの「強くなりたい」という気持ちにもっともっと応えてあげられていたなと。

だからこそ、書こうと思います。

ということで、

私が江田島市子育て支援センター主催のペアトレ講座で学んだ、

「実際の内容」について、

いくつかの記事に分けて、詳しくご紹介したいと思います。

初回は概論です。

サクッと読めますので、目を通してみてくださいね。

ペアレントトレーニング(親訓練)ってなに?

ペアレントトレーニング。

直訳すると、ペアレント(親)+トレーニング(訓練)です。

ペアレントトレーニングとは…
  • 自閉症スペクトラムや発達障害など「日常生活を送る際に適切なコミュニケーションが取りづらい子ども」のために、開発されたトレーニング方法のことである。

そのねらいは、

  • 子どもの保護者に必要なスキルを習得してもらい、各家庭での子育ての援助とする

という考えです。

なるほど。

自閉症や発達障害をもつ子どもたちは、個性豊かですね。

でも、ちょっと個性が強すぎてコミュニケーションが取りづらい。

ふつうにしていたら、こちらの思うこと、伝えたいことがうまく伝えられない/伝わらないってことが往々にしてあります。

だから親が訓練して、知識と学びを得て、その子どもたちとうまくコミュニケーションを取れるようにしてあげましょう。

その子にとって、生きやすい・自立しやすいように導いてあげましょう。

ということです。

中には

なんで「親」がやらなきゃいかんの?
カウンセラーとか専門家にお願いしたらいいのに

と考える方もいらっしゃるかもしれません。

「なんで親がやるのか?」

ということですが、

それは以下「根拠」の項目にゆずります👇

ペアトレの根拠

ペアレントトレーニングの根拠
  • 親(=保護者)は常に子どもに強い影響を与えながら日々接触している。

→そのため子どもの不適応な行動を減らし適応行動を増やすには、親が学びそのスキルを活かすことが最善である。

  • サポートが必要な子どもたちのために、親に子どもの効果的な扱い方を教える。
  • 子どもの「標的行動」が起こるとき、そこに居合わせる立場が親であることが多い。
  • 子どもの適切/不適切な行動が生じたとき、「強化」を与えられるのが親である。

※標的行動(ひょうてきこうどう)

→具体的にどこをどう変えたいか?その「変えたい」と思っている行動自体のこと(例:食事中離席してしまう=標的行動 →これを「着席しようね」と促す=目標行動)

※強化

→行動(その回数や時間、大きさなど)が強まること

 

なるほどですね…。

子どもにとって最も影響を与えるのが親であるということ。

だからこそ、一番の理解者、サポーターになるために必要な知識と適切な訓練を受ける必要がある。

それが、ペアトレである。と。

そして、このペアトレ講座で学ぶことについては以下に述べます。

このペアトレ講座で学ぶこと

このペアトレ講座で学ぶのは、

  • 親が変われば子供は変わる

→親が子どもの見方・対応を変えれば、子どもを変えることができる

  • 具体的にどう親が変わればいいのか?(=親側のスキル)を学ぶ
  • 少しのことでも子どもの「できること」に注目し、ほめる

大まかにこんな感じです。

具体策が得られるのは、ありがたいですね。

日頃思い通りにいかないストレスが軽減されそうです。

また、子どもに限らずすべての人間関係においてそうだと思いますが、

  • 他人は変えられない
  • 変えられるのは自分自身のみ

なんですよね。

いくら子どもに「変わってほしい」と押し付けても、きっと変わらないです。

仮に変わったとしても、一時的なものであったりその場しのぎだったり。

いつかその歪みが大きくなって、反動で悪化する可能性もあります。

だからこそ、自分が変わる。親が変わる。できることから変えていく。

それが大事なのではないかと。

実際に講座を学んで、

すなおたまき
すなおたまき
これ、もっとしっかり知っておけばたくさんの子どもたちに生かすことができたのに!

と何回も思いました。

あとは「夫婦関係にも応用が効くな」とも(笑)

そして、ペアトレ講座を学んだ上で目指す目標については、次にゆずります。

めざす目標/5つの上手を目指そう

ペアトレ講座を受けて、その後の行動をどう変えていくか。

具体的な目標を立てます。

ペアトレ講座を受けて、

私(お母さん)は、
  • 観察上手になろう
  • ほめ上手になろう
  • 教え上手になろう
  • 工夫上手になろう
  • 待ち上手になろう

というのが、ペアトレを学ぶ上での目標です。

ペアレントトレーニング講座を学んでみて、

私個人的に、

お母さんとして、

また、いち空手指導員(だった身)として、

「大事だなー、出来てるつもりだったけど、これを知っているのといないのでは雲泥の差だな。」

と感じるポイントがいくつもありました。

特に、

「工夫上手」

ってなかなか難しいんです。

マンネリ化してしまうこともよくあります。

日常生活で実践するにも、ペアレントトレーニングを通じてヒントを貰えると全然違うと思います。

実際、かなり変わってきます。

わが家は、私も子どもたちも笑顔が増えました。

諸々少しずつですが、ラクになってきました。

ペアレントトレーニングは、すべてのコミュニケーションに有効です。

コツをつかんで習慣化できれば勝ちです。

ということで、今日はここまでとします。

次回は「子どもの行動の観察と記録のとり方」について書きます。

こちらも余すことなく、ご紹介していきますね。

お楽しみに~🍀

↑この本とても詳しく書いてあるのでおススメです!

 

ABOUT ME
すなお たまき
すなお たまき
2人の男児子育てに奮闘するお母さんです。生まれ育ち東京都、2018年神奈川県→広島県江田島市に家族で移住 新たにお母さんになった女性たちが安心して子育てできる「社会」をつくりたい。育児は本来辛くしんどいものではなく、子供の「今」を親子で楽しむ貴重な時間だと考えています。お母さん×男児子育て、社会、移住、働き方、生き方、暮らしなどについてよいと思ったものを厳選し情報発信しています。
OfiiceSunao Babysitter Service SNS