島暮らし、子連れ移住のすゝめ
江田島

江田島市産業部交流観光課主催の「一歩分科会(初回)」に行ってきた!

子どもたちの保育園で夏風邪など流行しておりまして、いつお呼び出しがあるかと若干戦々恐々としております。

どうも。すなおたまき(@office_sunao)です。

そんな中、先日開催された「一歩分科会」の第1回目勉強会に参加してきました。

皆さん「一歩分科会」はご存知ですか?

こみみ江田島でも先日メンバーを募っていると告知されてました→江田島市観光戦略チーム「一歩」が今年も始動! 参加委員を募集中♪

結論から言うと、行ってよかったです。

私個人的には、2018年春に家族で江田島市に移住してきて「江田島の子育て事情をよくしていきたい」と思ってぼちぼちやってきました。

すなおたまき
すなおたまき

そんな私が江田島市の観光に関わって何ができるのかな?

新参者だし…

そもそもようやく最近江田島暮らしに慣れてきたばかりだし…

そもそも江田島のことまだまだ知らないし·····

しかも、やりたいのって『子育て系』だし…

とかなんとか思いながらも、昨年は単純な好奇心から参加させてもらい、最後には江田島市観光パンフレットの作成に関わらせていただきました。

→その時の記事がこちら/江田島市の観光ガイド&マップができました!

なので、今年も

すなおたまき
すなおたまき
とりあえず行ってみよっかな♪

というなんとも軽いノリで参加した次第です(なんかすみません)

で、もう一回言いますけど、

行ってよかったんですよ。

なぜ、今の江田島市に「観光」が必要なのか?の理由がよくわかりました。

この記事で、私なりにあの場で学んだことをまとめてご紹介していきます。

この記事を読んだ方が、江田島市にとってなぜ「観光」が必要なのか?

今、一歩でやろうとしていることを「他人事」ではなくちょっとでもわずかでも「自分事」として捉えてくれたら嬉しいな…。

そんな思いも込めて書いてみます。

この記事にはこんなことを書いています。
  • 初回の一歩分科会はこんな感じ
  • 講師のJTB総研山下さんのお話
  • 福岡県久留米市の「久留米まち旅」はなにがすごいの?
  • グループディスカッションと次回までの宿題はコレ
  • 参加してよかった3つの理由
  • 一歩分科会、今後も期待大!
  • 補足・参考など

 

 

それでは、いってみよー!

初回の一歩分科会はこんな感じ

初回の一歩分科会では、こんなことをやりました。

  1. 昨年から引き継いだ市役所の担当の方々の自己紹介
  2. 株式会社JTB総研の山下真輝(やました まさき)さんのお話
  3. グループディスカッション
  4. まち旅の動画をみんなで見てみよう

ほぼ、山下さんのお話を聞いてみんなで勉強するという回でしたが、これがもう私個人的にはとても学びの多い時間でした。

最近ちょいと勉強しているマーケティングの本質の部分が見えて、ワクワクしました。

超、収穫あったし!自分が勉強してることが出てくると「あ、それ知ってるよ(得意気)」ってなりますね(笑)。

講師JTB総研山下さんのお話

↑山下さんはこんな方です。 

山下さんのお話された内容をざっくりご紹介しますね。

お題:地域資源を活かした着地型観光について~福岡県久留米市にみる観光まちづくりのあり方~

以下、私なりの解釈要約をお送りします。

ほんとざっくりなんで解釈に間違いや語弊があるかもしれません。

※言葉遣いとかひどいです。先に謝ります、ごめんなさい。

日本って今超人口減ってるじゃろ?特に地方って定住してくれる人激減じゃろ?じゃけんまずは交流人口(目的をもってその地域を訪れるひと、通勤・通学・買物・文化鑑賞・学習・習い事・スポーツ・レジャー・観光とか)を増やして地域振興していったらよくね?
じゃけえ「観光」をピックアップするわけよ
ざっくりじゃけど、観光客にお金落としてもらって、働き口も増やして、定住してくれる人増やして、持続できる地域社会つくらんにゃいけんよね!じゃけ、いきなり外国人バンバン呼ぶとかハードル高いけんほかとどれだけ「差別化」できるかが勝負になるんよ地域のブランディングをどうしていくんか?考えにゃいけん住んでよし、訪れてよし!がベストなんよね
今って実は結構「観光」の分野って市場規模が縮小しとるんよなんでかっちゅーと旅行者側とサービスを提供する側のギャップ?があるんよね逆に、野外フェスとか各種イベントの集客は右肩上がりじゃけん
ってことはどういうことなん?
たぶんその地域に訪れるひとって目に見える観光資源だけじゃなくって、そこに住んでる地域住民のライフスタイルに興味があるんじゃろ?ほら、ケ〇ミンショーとかって番組人気じゃろ??地域住民のライフスタイルって、ちょっと来ただけじゃ分からんじゃろ?じゃけん、そういう知り合いがいないと見えん分からん部分をどう伝えるかがポイントなんよ
んでどうするかっていうと、地域の魅力とかを開発したり発掘して、ストーリーとして「物語化」するんよ!

こんな感じでした(多分)。

福岡県久留米市の「久留米まち旅」はなにがすごいの?

山下さんのお話を聞きながら、上記のような感じで私の脳内では話が進みまして。

次第に「久留米まち旅」の中身についての話になるんですがテーマを

  • 芸術
  • ものづくり
  • 歴史
  • 健康
などに絞ってカテゴライズしてそれぞれを観光と結びつけるんですね。

 

久留米在住のおもしろい人をピックアップしたり、他にはないライフスタイルを紹介したり。

で。観光って言うと「外からくる人向けに」って思うじゃないですか。

でも違うんです。

まずは、久留米に住む人たち向けのコンセプトブックをつくったんです!

そこで、地元の人たちに

  • 久留米の魅力を再発見してもらう
  • 自分も参加したいと思ってもらう
  • 口コミやブログとかで拡散してもらう
  • 自分事として考えてもらう
  • 久留米への地元愛・郷土愛を思い出してもらう

そうして、

私らの住む久留米って実はすごくね?
久留米ってこんな素敵なところだったんだ
久留米のことを改めて知って感動して泣けた

ってなって、

「私たちの久留米を私たちが盛り上げよう!」

って地元の人たちの「気持ち」に火をつけたんですね。

これがすごいなぁと。

まずは、自分たちから。内側から変えていく。

自発的でないとその場限りになってしまって成功しない。

そうだよなぁって思いました。

その後の具体的な取組は、江田島ならばまさに「一歩」が中核となりそうな感じで。

ここから江田島の人たちに「江田島っていいところだよ!」って気づいてもらうところからがスタートだなと。

で、火がついたらもともとのメンバー中心に、適材適所それぞれに役割をふって計画を立てて実行していったそうです。

そうして出来上がったのが「久留米まち旅博覧会」です。

 

グループディスカッションと次回までの宿題はコレ

で、山下さんの話がかなりおしたあとは(笑)それぞれのテーブルでグループディスカッションです。こんな感じ~。

スッカスカですけど、ちゃんとディスカッションしましたよ(言い訳)。

「次回までによくよく考えておくと学びがさらに深まります」と、山下さんはおっしゃっていました。

私が参加してよかった3つの理由

私が実際に参加してよかったと思った点は3点です。

  1. 「観光」って奥が深いって知ることができた
  2. 私のやりたいこと(=子育て環境改善、子供の数増やしたい)も、観光と地続きでつながっているって理解できた
  3. 前回とはまた違ったメンバーが集まっていて今後が楽しみ

ってことが分かったから。

私は今の江田島市から子どもたちの数が激減していることに、焦りを感じています。

それからいろいろと言い出したらきりがない江田島市の不便な子育て事情にも。

でもそれを解決するために「観光」って考えがありませんでした。

なんか繋がらなくて。

観光客がきても、帰ってしまうし。

一回来ても、それで何になるの?そう思ってました。

でも、「ツーリズム」って言葉を山下さんが紹介されていて

ツーリズムとは

継続して1年を超えない範囲で、レジャーやビジネスあるいはその他の目的で、日常の生活圏の外に旅行したり、また滞在している人々の活動を指し、訪問地で得る活動を行うことと関連しない諸活動

ツーリズム振興とは

レジャー客だけじゃなく、ビジネス客も含む多様な目的で地域外から訪れてもらい、直接的な経済効果だけでなく、その地域の自然・伝統・文化・産業の価値が来訪者に伝わることで、地域でのあらゆる諸活動の付加価値が高まり、持続可能な地域社会をつくる活動にならなければならない。

って書いてありました。難しいんですけど。

観光ってレジャーだけじゃないんだなって。

そこにある産業も、生活も、そこにある・いる「ひと」や「もの」やすべての「いとなみ」のために外からひとが江田島市に訪れること全部含めて「ツーリズム」っていうんだと。

外から江田島を訪れる人たちを惹きつけるのって、そこに住んでる人たちの生活だったり、長く息づく伝統的なものだったり、農業や漁業の動く様だったり、ものづくりの過程だったり。

そういうものを経験・体験することだって知って「なるほどー!」ってなりました。

一度体験・経験するとなかなか忘れないし、思い出にもなるし。

なんというか、頭と身体に染み込むというか。また行きたいとか、やりたいとか、ほかにもやってみたいとかって気持ちが動くんだと思います。

それを、狙う。

ひとは感情で行動を起こすもの。そしてその行動の理由はあとづけですよね。

ひとを動かす「気持ち」「情熱」「愛」って大事ー!!そこに「愛」があるかどうか。そこ、超大事ですよね。

で、それが「また行きたい」から「ここに住みたい」に変化していったらもう最高ですよね!

子育て世代の方が、ひと家族でもこれをきっかけに移住定住してくれたら·····!多分、私、泣きます。

ほんとこの会議に参加して得るもの多かったです。↑久留米はまち旅博覧会をきっかけに知名度があがって、人口増加に繋がったそうです。

一歩分科会、今後も期待大!

もともと昨年、江田島市交流観光課にいらした石田さんが「久留米まち旅」みたいなのを江田島でやったらいいんじゃないか?と推していたものが、少しずつカタチになっていきそうです。

※石田さんは広島市から出向で来られていて、現在は戻られています。

すなおたまき
すなおたまき
石田さーーん!元気ですかー!一歩、現任の城山さんも頑張ってますよおおおおお!

·····この場を個人的に使用するなど(笑)

講師の山下さんもおっしゃっていましたが、やっぱり最終的には「ひと」であると。同感です。

どれだけ素晴らしい企画や戦略や取り組みであっても、実動する「ひと」に「江田島愛」がなかったら続きません。

あと、市や観光協会とか自治体側の協力も必須ですよね。

仕事だし、だりー。って気持ちで動くのか

仕事だけど、ぶち楽しい!って気持ちで動くのかでも違うと思います。

採算取れるのかーとか、

需要はーとか、

予算ーとか、

費用対効果はーとか。

言いがちだけど、山下さんいわく、

山下さん
山下さん
行政は、お金を入れ続けるべき!

理由は、

山下さん
山下さん
  • ここに一点集中、絞り込んで攻めることで、新たな事業が発展する
  • この企画がこのまちのプラットフォームになる
  • いろんなイノベーションやコラボレーションが生まれる

とおっしゃっていました。

久留米の職員さんも、地道にコツコツ久留米まち旅のために地元の人で情熱・人脈・やる気のある人を頑張って探したそうです。

新参者の私が生意気なことを言ってすみません。

でもこの際、

  • もっとほかにやることあるやろ?
  • どうせ無理
  • そんなん無駄
  • 何が変わるん?
  • 結果出せるん?
  • それ今必要?
  • 違くない?
  • あげあしとってdisる
  • できない理由積み上げる
  • めんどくさいなぁ

みたいなネガティヴは、そっと横へ置いておいて欲しいです。

一歩、やってやろうじゃないですか!

最後に山下さんが、

山下さん
山下さん
こうした地域を興す作業は楽しまなきゃ意味が無い、お祭りです!

とおっしゃっていました。

まつりごと、盛り上げていきましょう。

わっしょーい♪まつりだまつりだー!

参加された皆さん、お疲れ様でした!

あ、次回(3回目?)は実際に久留米まち旅の博覧会を企画・運営した矢次(やつぎ)さんのお話が聞けるそうです。

現場の声って貴重ですよね。

実際にやってみてどうだったのか?いいことも悪いとかんじることも、聞けたらいいなと思ってます。

ということで、以上です🍀

次回も気が向いたら書こうと思います。←勝手(笑)

補足・参考

当ブログのこちらの記事も合わせてどうぞ↓

ABOUT ME
すなお たまき
すなお たまき
2人の男児子育てに奮闘するお母さんです。生まれ育ち東京都、2018年神奈川県→広島県江田島市に家族で移住 新たにお母さんになった女性たちが安心して子育てできる「社会」をつくりたい。育児は本来辛くしんどいものではなく、子供の「今」を親子で楽しむ貴重な時間だと考えています。お母さん×男児子育て、社会、移住、働き方、生き方、暮らしなどについてよいと思ったものを厳選し情報発信しています。
OfiiceSunao Babysitter Service SNS